記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃カメラ

私の中では一大イベント。

胃カメラが迫ってまいりました。

前日の19時に玉子粥にして、目指せコップ2杯の水!…が無理でした(^^;
指示されてたのに、これは守れませんでした。

翌日も頑張って絶食、絶飲。

病院で血圧はかって、消泡剤なる?飲み物紙コップ1杯
目の前にして、『マズイですか?』って聞きたい気持ちを察してくれた看護師さんが『美味しくはないです、味を味わっては飲まない方がいいかと』と教えてくれたので…(^^;

一気に飲み干して、流れの説明を受けました。

『内視鏡室』へ通されて
診察台に仰向けになってスプレータイプの麻酔、ジェル?タイプの麻酔を鼻から。
私だけなのかな? 鼻の奥からジワ〜ッと痺れるような痛みを感じました(だいぶ強かったです)
スプレーもジェルも喉に来たら飲んでください、というのでゴックン。
これで鼻と喉の麻酔が完了らしいです。
胃カメラ通るか、チューブを差し込まれます。
大丈夫そうですね、と右側だけ差し込んだままで執刀医を待ちます(これが長かった…多分、麻酔効果も兼ねてたんだろうな)

執刀医登場で覚悟を決めるも、麻酔効いてるハズの鼻がズボズボされて痛いのなんのって(泣)
どうやら私は狭い、らしい(泣)
右側諦めて左側からトライされるもやっぱり痛いのねん。 でも執刀医はいけそう、と口走り麻酔追加指示。 私的には『いけなさそう』、なんだけどな… 最近、鼻不調らしく鼻血出てたのが災いしたらしく鼻血止まらずで…

結局諦めて喉から胃カメラに変更。

嗚咽が酷く、涙も鼻水もよだれもできったない自分に尚更泣けました(笑)

で、結果は横隔膜より下になきゃならない胃が上がってるらしくそれで胃液があがりやすいんだとか。
食道もただれてるし、慢性胃炎の可能性も大
予想外に十二指腸潰瘍まで発見されました。
組織採取と血液検査と検便でピロリ菌の検査もすることに(我が家と会社、井戸水なんだよなぁ…)

胃薬、強いの出されたのでそれで十二指腸潰瘍にも効果はあるらしいので様子見と検査結果待ちですね。

胃カメラは色んなの発見されたお陰で1万掛かりました。 でも十二指腸潰瘍は放っておいても治らないだろうし、初期で薬で治れば安いのでヨシとしましょう。

あーぁ、人生初の胃カメラで鼻と喉両方経験できるなんてなかなか無いんだろうな(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。